読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職業プログラマの休日出勤

職業プログラマによる日曜自宅プログラミングや思考実験の成果たち。リアル休日出勤が発生すると更新が滞りがちになる。記事の内容は個人の意見であり、所属している(いた)組織の意見ではない。

PostgreSQLカンファレンス2015 に参加してきた

PostgreSQLカンファレンスに参加してきたので、その感想文および備忘録を書いておく。

www.postgresql.jp
ハッシュタグ#pgcon15j

前回参加したのは、2011年のことだった。

なぜ参加しようと思ったのか?

  • 最近PostgreSQLを触る機会があんまり無くて焦ってたから
  • 近い将来、新規に導入する予定があるから意識を高めたかったから


以下、拝聴した講演のうちのいくつかを紹介したい。

基調講演その1: PostgreSQL 9.5

http://www.postgresql.jp/events/jpug-pgcon2015/detail#keynote_1

開発者のMichaelさんの、日本語での基調講演で、12月にリリースされるかもしれないPostgreSQL 9.5 の新機能などの話。

主な内容はこんな感じ。

  • Upsert : insert文の最後につける ON CONFLICT 句の使い方と用途事例
  • BRIN : 部分インデックス(と訳すのが正しいのかどうかは不明) Blockc Range INdex
  • RLS : Row Level Security
  • パフォーマンス改善
    • ソートの改善
    • マルチCPU(マルチコアじゃない)環境下での改善
  • Streaming Replication における WALアーカイブの取り扱いの改善(これは9.4までの挙動をあんまり知らないから、上手く飲み込めなかった)

性能、信頼性を大幅に向上した pgpool-II 最新バージョンについて

http://www.postgresql.jp/events/jpug-pgcon2015/detail#J1

自分が pgpool-II の導入を検討していろいろ調べてたのは、PostgreSQL8.x の時代。当時はPostgreSQL本体に Streaming Replication の機能が無くて pgpool-II が擬似(?)replicationの仕組みを提供してくれていた。しかしその方式は全てのPostgreSQLノードに対して同じ(だったっけ?)SQLを投げるというもので、ある種の「怖さ」があった。他にも単純に組めばSPOFになってしまうなどの問題もあった。あれから数年が経過し、Streaming Replication登場後の pgpool-II の変貌についてほとんど知らなかったので、参加した。

最新バージョン 3.5 (現在はalpha版がリリースされたところ)での様々な改善の中で最も興味深いのは Watchdog の改善。こういう運用に嬉しい機能が強化されていくのは嬉しい。

他にもいろいろ。
pgpool-II 3.5 development - pgpool Wiki

PostgreSQL セキュリティ総復習

http://www.postgresql.jp/events/jpug-pgcon2015/detail#M2

心に残ったものいくつか。

  • psql\dp コマンドの実行結果の見方
  • sql_firewall : SQL Injection から防御するための拡張(怪しいクエリはエラーにする)
  • 「抑止と予防には予算と労力を投じる割に、検知と回復ができてない」といった趣旨のお話:確かに。

何が違うのか?PostGIS と最新版 MySQLGIS 機能を徹底比較

http://www.postgresql.jp/events/jpug-pgcon2015/detail#K3

大雑把にはこんな感じの話だったように記憶している。

  • MySQLだと本体に built-in なので導入が超簡単で、高速な動作をする。だけど単純な処理しかできない。
  • PostGIS だと最初のセットアップに一手間かかって気をつけないと遅くなっちゃうけど、様々な機能が揃っている。
  • MySQL Workbench の地図プレビューは優秀!
  • PostGIS 開発のキッカケはDB技術者じゃなくて地形界隈の専門家の動きによるもの。
  • 2つのDBはデータ形式がまったく異なるので、数値や文字列だけからなるデータみたいに簡単にダンプをやりとりするようなことはできない。一工夫いる。
  • GeoJSON の取り込み:これはどちらか一方の取り込みが遅いから、早い方で取り込ませて、ダンプを一工夫させつつ他方に取り込ませる手法が良い、みたいな話だったが、どっちがどっちだったか忘れた。。

PGroonga の実装

http://www.postgresql.jp/events/jpug-pgcon2015/detail#M4

講師の方がユーモア溢れる方で良い雰囲気のセッションだったのだが、ここで会場挙手アンケートの結果をご覧頂きたい。

内容は、PostgreSQLとGroongaとをどうやって繋いでいるのか?というお話。
他の製品との機能や性能の比較などもあって面白かった。
全文検索の話になると「あっちは日本語サポートしてない」「こっちもだ」みたいになるので大変。
日本語全文検索やってる皆さんにはほんとに頭が上がらない。

LT

こんな話を拝聴した。

さいごに