読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職業プログラマの休日出勤

職業プログラマによる日曜自宅プログラミングや思考実験の成果たち。リアル休日出勤が発生すると更新が滞りがちになる。記事の内容は個人の意見であり、所属している(いた)組織の意見ではない。

「CRMの基本」を読んだ

パソコン・インターネット

筆者は10年とちょっとに及ぶ職業人生のうち、実は8割方は大なり小なりCRMに絡んだ仕事をしている。
しかし、CRMの世界のことは経験則でしか語ることができないという残念な状態が続いていた。そんな折、梅田の紀伊国屋さんのレジ前で平積みになっていたこの本のタイトルが目に止まり、読んでみようと思って買った。

こんな本

この1冊ですべてわかる CRMの基本

この1冊ですべてわかる CRMの基本

世の中に統計処理と言われるものは色々あるが、どんな場面でどんな処理をするのが良いのか、実例を紹介してくれるのは非常にありがたい。情報システム屋が読む分には、明日からすぐに実装できる(真似できる)テクニックが色々ある。マーケティング畑の人がこの本を読んだときにどういう感想を持つのかはよくわからん。

CRMといえば、一にも二にも情報収集。情報収集といえば漏洩リスク。この本の中でもベネ◯セさんの内部犯行による漏洩事件や、J◯東日本さんの◯uica利用データ販売事件などにも少し言及してあって、なかなか好感が持てる。共通ポイントサービス(P◯ntaさんやC◯Cさん)の存在にも言及されているが、こちらは危険性について言及されておらず、まあそこは腰が引けちゃうよなー、当然だよなー、というのが正直な感想。

紹介してある手法をそのまま採用すると酷い目に遭いそうなものもちらほら見受けられるが、そういうリスクを自分で判断下していける皆さんであれば、この本の内容はきっと役に立つだろう、と思った。