読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職業プログラマの休日出勤

職業プログラマによる日曜自宅プログラミングや思考実験の成果たち。リアル休日出勤が発生すると更新が滞りがちになる。記事の内容は個人の意見であり、所属している(いた)組織の意見ではない。

Redfern

今日はRedfernという所に行ってきました。
f:id:t_motooka:20120902121455j:plain
RedfernはCentralというターミナル駅から1駅だけ離れた場所に位置します。都市の交通という意味で大阪に例えると十三(じゅうそう)のような感じでしょうか。でも、(十三とは違い)とても静かな街です。


f:id:t_motooka:20120902121650j:plain
駅から東に少し歩いた箇所に、複雑な交差点があり、そこへ入る道路の一つは一方通行です。一方通行に気付かない運転手も時々居るのか、こういう目立つ看板も設置されています。そうそう、こちらの道路標識の多くは文字が主体なんですね。


f:id:t_motooka:20120902133245j:plain
これが今日の目的地、Redfern Park の看板。公園の半分は Redfern Oval というラグビー競技場です。


f:id:t_motooka:20120902130522j:plain
実際にラグビーの試合もやってます。ラグビー見ると身体を動かしたくなってきますね。まあ、無理ですけど(笑)。とにかく、血は沸き立ちます。

で、ここに何をしに来たのかと言うと、本日のメイン?の試合の前に、国歌を演奏しに来たのです。
入国してから僅か2ヶ月足らずの外国人な僕も演奏に参加させてくれたことに、大変感謝しています。
演奏の場所は、ラグビーのコートのセンターライン上。これまた緊張する場所です。

f:id:t_motooka:20120902124258j:plain
ところで、この楽器に楽譜を取り付けるための器具のことを "lyre" と言うそうです。そういう物が存在することは知ってましたが、名前は知りませんでしたし、使うのはもちろん初めてでした。華奢な感じですが、意外と安定します。

演奏は大好評に終わり、僕自身としても敬意を込めて演奏させて頂くことができました。
それにしても、皆さん音出し(ウォーミングアップ)どころか1音たりとも現地で吹くこと無く本番に臨むんですね。慣れない人には辛いだろうなー。いや、こちらの皆さんは全員慣れておられるんでしょう。そういえば練習の時も音出し時間は有りませんし。

そんなこんなで良い経験ができたので、今後の演奏も頑張っていきたいところです。