読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職業プログラマの休日出勤

職業プログラマによる日曜自宅プログラミングや思考実験の成果たち。リアル休日出勤が発生すると更新が滞りがちになる。記事の内容は個人の意見であり、所属している(いた)組織の意見ではない。

Xcode で Java 開発

Java

iPhoneアプリを既に1つリリースしているとは言え、筆者はまだまだXcode初心者。
自由自在に使いこなしている状態とは言い難いものです。

ここ最近、自宅でもJavaで開発しなくちゃならないものが時々出現するので、「いっそのこと、XcodeJavaの開発をやってみよう!」と思い立ちました。
しかし、開始早々、いくつかの問題が目の前に!

・新規プロジェクトを作成する際にお世話になる「プロジェクトのテンプレート」に登場する「Java Application」とは、Javaを用いたMacOSアプリケーションのテンプレートである。(これは Java Tools というテンプレートを使うことで解決)
・ビルド時のエラーは日本語で表示しよう…と頑張っているようであるが、全ての文字が8進数エスケープされたもの(\225 みたいなの)が延々と続くだけで、エラー内容は到底わからない。
・stdout(標準出力)に吐いた文字データは、専用のwindowに表示されるのではなく、OS標準のログ閲覧アプリ console.app で閲覧しないといけない。

最初の問題はすぐに気付いて対処もできたものの、他の2点は設定なども見当たらず、早速、断念することに。
8進数エスケープは、解読用ツールを使うなり作るなりすれば良いし、consoleも常に立ち上げておけば良いけど、それって快適な開発環境とは言い難いですよね。

Xcodeが使えないとなると、元の開発環境であるEclipseに戻る訳ですが、普通に戻るのは何だか気分が良くありません。そこでEclipseの最新版(Helios 3.6.1)をインストールすることにしました。
だいぶ昔に入れた Ganymede(3.4.x) さん、さようなら〜

<追記@2011.01.09>
続きを書きました。 Xcode で Java 開発 2