読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職業プログラマの休日出勤

職業プログラマによる日曜自宅プログラミングや思考実験の成果たち。リアル休日出勤が発生すると更新が滞りがちになる。記事の内容は個人の意見であり、所属している(いた)組織の意見ではない。

情報処理技術者試験:ITサービスマネージャ試験

もう1週間も昔の話ですが、今秋の情報処理技術者試験は「ITサービスマネージャ」(略称:SM)を受験してきました。
試験と言うと皆さん嫌がるものですが、もうかれこれ10年くらい受験し続けている僕としては、半年に1度のお祭りのようなものです。
これまでの戦績は、こんな感じ。

2000年秋 初級シスアド ⇒合格
2003年秋 ネットワーク ⇒午前で不合格(一緒に受験した情報学専攻の友人は一発合格)
2004年秋 ネットワーク ⇒午後1で不合格(受験に行く途中、自転車でスベってコケた)
2005年秋 ネットワーク ⇒午後2で不合格(隣の部屋の試験監督が学生時代の後輩だった)
2006年春 ソフトウェア開発(現:応用情報) ⇒合格(消しゴム忘れてたので大変だった)
2006年秋 アプリケーションエンジニア(現:システムアーキテクト) ⇒寝坊により欠席(午前免除なのに)
2007年春 データベース ⇒午前で不合格(あと2問…)
2007年秋 ネットワーク ⇒合格(4度目の正直)
2008年春 データベース ⇒合格
2009年春 情報セキュリティスペシャリスト ⇒合格(一夜漬け)
2010年春 エンベデッドシステム ⇒受験番号書き間違い?午前2で0点

今回は寝坊や消しゴム忘れ、受験番号記入ミスなどしないよう、準備は万全でした。
午前1試験は2009年春に情報セキュリティに合格しているので免除。
午前2は勉強の成果もあり、7割以上の出来映え。直前に見ていた過去問が役に立ちました。
午後1も、なんとか合格ラインかなというところまで書けました。
午後2。この試験は他の多くの試験とは違い、小論文形式の試験です。
テーマが3種類用意されており、それぞれのテーマには試験問題が以下のような感じで設定されています。受験者は自分の経験豊富なテーマを選択し、回答します。

設問ア あなたが携わったITサービスの概要と、○○の問題について、800字以内で述べよ。
設問イ 設問アで述べた○○の問題に対してどのような対策をとったか。800字以上1600字以内で具体的に述べよ。
設問ウ 設問イで述べた問題の再発防止策を600字以上1200字以内で具体的に述べよ。

僕も職業プログラマを5年以上続けているので書く内容には困らないのですが、普段は文章はキーボードで打つだけなので握力が弱っているんですね。設問アを書いてる途中で右手が震えだしてきました(笑)
制限時間の2時間が経過する頃には、ようやく設問イを書き終えたくらい。全然時間が足りません。
そんな訳で、今回は合格発表を待たずして不合格が確定してしまいました。

次回(2011年秋)に向けての改善できる点
・シャープペンシルは100円のものじゃダメ。疲れにくいものを選ぶ。
・日頃からペンを握る
・実際に2時間以内で書ききるための練習をする